富山県

  • 子育て支援
  • 若者応援
  • 学部別
  • 資料請求受付
  • インターンシップ
  • 動画あり

最終更新日:2019/11/09

富山県富山県庁舎本館 正面(北より)
富山県富山県庁舎本館 正面東側(北東より)
富山県庁舎本館 2階階段室
富山県庁舎本館 特別室(旧貴賓室)
富山県庁舎本館 2階玄関ホール

富山県をもっともっと元気にするために、一緒に頑張りましょう!

富山県は、豊かで美しい自然、多彩な歴史・文化、ものづくりの伝統、そして全国トップクラスの暮らしやすさなど、数多くの魅力にあふれています。

また、北陸新幹線の開業以来、観光客の増加、企業の本社機能の一部や研究開発拠点の移転・立地、大型商業施設や物流拠点の進出など、県内各地で様々な効果が現れています。

こうしたなか、県では、平成30年3月に新たな総合計画「元気とやま創造計画-とやま新時代へ 新たな挑戦-」を策定し、「活力とやま」「未来とやま」「安心とやま」の基本政策と、これらを支える「人づくり」を重要政策として、各般の施策を総合的かつ積極的に展開しているところです。元気な県づくりには、鋭い感性や豊かな創造力、積極果敢な行動力を持った若い皆さんの力が不可欠です。富山県の新たな未来を切り拓くため、若いエネルギーを大いに発揮していただきたいと思います。

企業紹介動画

私たちの事業

ともに創ろう!富山県の未来

富山県の仕事には、様々な業務がありますが、どのような仕事であっても、やりがいのない仕事はありません。私たちは、職員一人ひとりが高い志を持ちながら、そして情熱を持って仕事に取り組んでいます。

当社の魅力

知恵と技術を活かした 活力あふれる地域づくり

勤勉で進取の気性に富む人材、恵まれた自然、歴史・文化、交通・情報通信基盤、産業集積などを活かし、創意工夫、意欲ある取組みが展開されている「活力」あふれる県

未来を築く人材が育まれる、 希望に満ちたふるさとづくり

明日を担う人材が健やかに育まれ、文化・スポーツの振興など多彩な県民活動、ふるさとの魅力を活かした地域づくりが進められている「未来」への希望に満ちた県

健康で安全、 安心な暮らしづくり

豊かな自然や生活環境を活かし、住み慣れた地域の中で、健康で快適に、安全で「安心」して暮らせる県

充実の研修制度

職場研修

新規に採用された年度には、配属先での勤務に先立ち、職員研修所等において5日間の研修(公務員や業務の基礎知識)を受講します。その後も、福祉現場体験など新規採用職員対象の研修を受講します。採用2年目以降も、年齢や職務に応じた研修が行われます。主な研修の体系は次のようになっています。

子育て支援・女性活躍推進

充実した子育て支援制度

育児休業を2年半取得し、育児短時間勤務制度(9時から14時55分までの勤務)を利用して仕事に復帰しました。勤務時間が短いため、集中して効率よく仕事に取り組めるよう努めています。また、朝・夕と時間があるため保育園の送り迎えや家事にも余裕がうまれ、なにより子どもと過ごす時間が多く確保できているので、この制度を利用して本当に良かったと思っています。子どもの急病により早退したり、看病のために休暇を取ることもしばしばありますが、充実した子育て支援制度と、職場の方々の理解やサポートのおかげで、仕事と育児を両立することが出来ています。

やりがいを持って働きつづけられる職場

私が、富山県職員を志望した理由の1つは、女性が働き続けることができる職場環境があると感じたからでした。実際、入庁後、2回の育児休業を取得し、職場や家族など周囲の理解と協力のもと、今も仕事と子育ての両立をしています。仕事面においては、男女問わず、幅広い仕事を、やりがいと責任をもってできる環境だと思います。また、身近に目指したいと思う素敵な人柄と働き方の先輩女性職員が多いのも、安心して前向きに仕事に取り組める要素のひとつだと感じています。私自身、そういった方々を見習いながら、日々成長していきたいと思っています。

企業情報

設立日 999年11月
業種 公務(他に分類されるものを除く)
住所 富山県富山市新総曲輪1-7
代表者 県知事 石井 隆一