最終更新日:2020/11/21

◆◇ 業界のイメージを変え、社員が胸を張って働けるグループへ ◇◆

豊かな暮らしを求めて、新しいものを創造するほど発生するのが産業廃棄物です。
ますますリサイクルを最優先した解体工事・廃棄物の適正処理・土木工事が欠かせない時代であり、それらを誠意を持って安全に行うことが、私たち森崎グループのメインとする事業です。
騒音などで周辺に迷惑を及ぼすことから、私たちの仕事はしばしば「迷惑産業」と呼ばれることもあります。
しかし、生活産業を守り産業を支えるためには、誰かがやらなければならない大切な仕事なのです。
私たちはそんな使命感と情熱を持ち、長年にわたり培った技術と経験をもとに、産業廃棄物処理から新たな価値を生み出すことに力を注ぐとともに、従来の業界のイメージを変え、社員が胸を張って働ける企業グループであることをビジョンとし、日々の仕事に取り組んでいます。

企業紹介動画

私たちの事業

解体する。運ぶ。 活かす。つくる。

「解体」は、新たなものを生み出す出発点です。
役目を果たした古い建物をこわすことで、その土地に新たな息吹が吹き込まれます。
一方、現場で出た廃棄物は、選別して処理施設へと運ぶことで、
再び資源となって活用されます。
森崎グループの「こわす」「はこぶ」「活かす」「つくる」の4つの技術は、
快適なまちづくりや資源循環の要所に活かされています。

『解体する。』【解体工事】
ビルや一般家屋、橋梁などの解体を行っています。
安全施工を確保するため、構造確認や現地調査、仮設工事をしっかりと実施します。

『運ぶ。』【産業廃棄物収集・運搬】
コンクリート、木くず、石膏ボード、廃プラスチックなど
解体時に発生する様々な産業廃棄物を分別収集し、処理プラントへ運搬しています。

『活かす。』【産業廃棄物処理・リサイクル】
限りある資源を有効活用するため、
収集した産業廃棄物は、 自社の処理プラントにてリサイクル(再資源化)しています。

『つくる。』【土木工事】
河川、道路、管渠、宅地造成など
公共・民間の各種土木工事を通じて安全で快適、暮らしやすいまちづくりに貢献しています。

当社の魅力

【 森崎グループの強み 】

01:解体からリサイクルまでワンストップでご提供します。
02:大型施設から一般家屋まで、規模の大小を問わずあらゆる解体に対応します。
03:30台を越える運搬車両を保有し、ニーズに応えます。
04:解体現場からの産業廃棄物「約85%」のリサイクルを実現。
05:公共工事をはじめ、創業より積み重ねてきた多くの信頼と実績。

森崎グループの意識・価値観・考え方

『これでいいのか』 自分に対して 他人に対して 社会に対して 仕事に対して

このやり方がベストなのか。
この組織で良いのか。昨日より今日成長できているか。
お客様や社会に対し誠実に行動できているか―。
私たちは、「解体」の品質をより高めるため、
あらゆる観点から現状に対する問題意識を持ち、
改善方法を探求する姿勢を大切にしています。

企業情報

設立日 1971年05月
業種 建設業
ホームページ http://www.k-morisaki.com/
住所 富山県富山市向新庄町3-7-22
資本金 40,000,000円
従業員数(連結) 54名
代表者 代表取締役社長 森﨑 雅久
平均年齢 46.9歳
従業員に占める女性の割合 7.8%
代表電話番号 076-451-4563
採用ページURL http://www.k-morisaki.com/recruit/
FacebookURL https://www.facebook.com/morisaki.offical/
法人の特徴 森崎グループは、富山を拠点に解体・土木工事・産業廃棄物処理事業を展開しています。
土地の上にかたちになって残るのが建築の仕事なら、建築物を取壊し、土地をまっさらな更地にするのが解体の仕事です。
解体で出た廃材は選別し、自社グループのプラントに運んでできる限りリサイクルしています。当たり前のことを当たり前にやり、徹底して継続する。そんなコンプライアンス経営を、私たちは真摯に実践しています。
『解体にも品質がある』ということをより多くの方に認識していただき、価格ではなく品質で選んでいただける会社であり続けたいと考えています。
前事業年度の月平均所定外労働時間 20.0時間
福利厚生情報 各種社会保険、厚生年金、退職金、通勤費